Home

白馬の大自然を満喫しよう

こころやすらぐ癒しの休日

こころやすらぐ癒しの休日

こころやすらぐ癒しの休日

清流のせせらぎ

星のまたたき

鳥のさえずり・・・

白馬八方尾根のリゾートホテル。温泉無料券付きです!

白馬のホテル白馬メルヘンハウスは、北アルプス・白馬八方尾根山麓の自然の中にある小さなプチホテルです。 家族経営による手作りの温かさと、さりげないサービスで、開業以来約40年、数多くのお客様に親しまれてまいりました。

当リゾートホテルは、八方尾根スキー場国際ゲレンデのゲレンデインともいうべき場所にありながら、周りを木立に囲まれているため、周りの喧騒から離れ、野鳥のさえずりが聴こえてくるほど大変静かで、自然豊かな環境にございます。 八方尾根ゴンドラリフトアダムまで400mと近く、冬のスキー、スノーボードだけでなく、グリーンシーズンの観光に、登山にと季節を通じてお楽しみいただけます。

おいしい空気を楽しめるよう全客室が禁煙客室となっており、また、お食事は素材を吟味し、真心をこめた料理をご用意しております。 お客様のプライベートを大切にしつつも、過不足のないサービスを心がけております。

白馬・八方・栂池トレッキングガイド

前日の準備

服装はできれば、長そで長ズボンが良い。

石にぶつけて怪我をしたり、草でかぶれたり、虫に刺されたりなどの可能性があるため、
長そで長ズボンをおススメします。
標高が高くなる分、太陽にも近づくので、日焼け予防にも最適です。
時期によりますが、防寒着が必要な場合があります。標高が100m高くなると気温は0.6℃下がります。
ゴンドラの乗り場は標高773m、八方池は標高2060mで標高差は1287mなので、
八方池はゴンドラの乗り場より7~8℃気温が下がます。

靴は履きなれた運動靴で。

八方池までなら、普段履いている運動靴で十分です。
石がゴロゴロしているところもあるので、サンダルやハイヒールは避ける方がいいです。
(唐松岳へ行く場合は、登山靴が必要です。)

荷物はリュックサックに。

足場が悪い場所もあるため、とっさの場合、両手がサッとつけれるように、
リュックサックに荷物を入れることをお勧めします。

行動食、非常食を持っていく。

行動食は、歩きながらでもサッと取り出せ、食べられる物がおススメです。
アメ、ビスケットなど、ポケットに入るサイズを持つといいです。
非常食は、何かあったときに食べる物です。
自然相手の場所では、何があるか分からないので、お腹にたまりそうな物を用意します。
私が良く持っていくのは、バームクーヘン、魚肉ソーセージです。

飲み物を準備する。

熱中症には気を付けましょう。

帽子を準備する。

熱中症対策です。被らずに行くと、髪の分け目が日焼けして、痛くなります。

カッパ(雨具)を準備する。

雨の時だけでなく、寒さからも守ってくれるのがカッパです。
できれば、カッパはゴアテックスなどのいいものの方がおススメです。
100円ショップなどのカッパだと、かなり蒸れます。
我が家は、小学生の子に〇ンベルのカッパ(上下別になっているタイプ)を購入し、トレッキングなどのアウトドアだけでなく、通学時にも着せています。
足の裾が絞れるので、購入時のサイズより1サイズ大きめを購入し、2年間使いました。
濡れないのはもちろんのこと、蒸れないので快適のようです。

もしあれば、軍手を持っていくとよい。

岩場などで手をつく可能性があります。軍手があれば怪我をしにくいです。

天気予報のチェック!

絶対すべきなのは、天気予報のチェックです。
雨の予報が出ているのに、山に行くのはおススメしません。
天候がどうなのかという事も、安全にトレッキングができるかどうかを左右します。
雨上がりは、滑りやすかったり、ぬかるみがあったりしますので、気を付けて行動しましょう。

早めに寝る

旅程にもよりますが、山に行くときはできる限り朝早く出発した方がいいです。
お昼ごろから天候が急に変わる場合もあるので、早めに休んで早起きしましょう!

トレッキング当日

朝ごはんをしっかり食べる

エネルギーがなければ、たどり着けません。
登ったら、自分の足で降りてこないといけません。
食べることは大事です。

天気予報の最終チェック

天気予報を見て、出発しても問題ないか確認する。
雨予報なら、潔くあきらめるのも大切。
山は逃げないので・・・

トイレを済ます

山の上は、ほぼトイレがありません。
八方池までの間ですと、ゴンドラ駅、うさぎ平駅、八方池山荘横、第2ケルンのみです。
早め、早めに済ませましょう!

アルペンライン割引チケットを手に入れる(払い戻しができないので、あまり早めに買うのはお勧めしません。

メルヘンハウスのフロント、八方バスターミナルで購入すると、チケットの交換などすることなく、アルペンラインに乗れます。

日焼け止めを塗る

日差しが強いので、入念に塗ってください!
日焼け止め入りのリップクリームも、できれば塗った方がいいです。
(私はよく塗り忘れ、唇をヒリヒリさせ困ってます)
日焼け止めも忘れず持っていき、こまめに塗ってください。
塗らないと、真っ赤になって痛いです。

8:00 出発! ゴンドラ乗り場へ

白馬メルヘンハウスから八方ゴンドラリフト乗り場へは500m。

ここからゴンドラで兎平まで登ります。

八方駅 - 兎平駅 乗車時間8分

ゴンドラからアルペンクワッドリフト乗り換え

兎平から黒菱平へリフトで登ります。(乗車時間 約7分)

アルペンクワッドリフトからグラートクワッドリフトへ乗り換え

黒菱平 - 八方池山荘 (第1ケルン)(乗車時間 約5分)

トレッキング

 

10:00 到着!

八方池山荘 (第1ケルン)から約1時間30分で八方池に到着です!

ホテル基本情報

施設リゾートホテル 白馬メルヘンハウス
住所長野県北安曇郡白馬村八方ゴンドラ通り
電話0261-72-2622
URLhttp://www.marchenhouse.co.jp
客室数34室
定員90名
建物鉄筋鉄骨造3階建ホテル棟新館・鉄骨造4階建ホテル棟本館・木造2階建ペンション棟
屋内施設メインレストラン・和食堂・大浴場・売店コーナー
屋外施設駐車場・テニスコート1面・プール(15m×6m)