レストラン

レストランと和食堂

山小屋風で雰囲気のあるゆったりとしたメインレストランは同規模ホテルより広い空間が自慢です。
基本的には1グループで1テーブル。ごゆっくりお食事をお楽しみください。

ご夕食時には照明をすこし落として雰囲気のいい空間に。
お料理が生えるオレンジ色の光を発しているのは、
周りを囲むように配置されたランプ風の照明と2つの大きなシャンデリア。
その一方は木で作られた珍しいタイプで、他ではなかなかお目にかかれない年代物です。

 

メルヘンハウスの夕食

船のお食事を思い浮かべてください。
長い航海の中では食事は一番の楽しみ。毎日同じものでは飽きてしまうので、献立はその日その日毎日変わってゆきます。
「今日は何が出てくるのかな?」乗客はそれを楽しみにしています。
山と森に囲まれ、冬は雪に閉ざされるメルヘンハウスの夕食は客船を模して、献立が毎日変わります。
レストランと和食堂に交互にお席をご用意し、そして日替わりのお料理をお召し上がりいただけます。

お料理は宿泊プランにより、内容が異なります。
食事の量やご予算に合わせてスタンダードなプランAとエコノミーなプランBの2ランクをお選びいただいております。
連泊される場合A・Bプランそれぞれで洋食和食を交互にご用意となります。
基本的に洋食の場合はメインレストランでイス席、和食の場合は和食堂でお座敷となります。

1泊の場合はご宿泊予約の際に、洋食または和食のどちらかのご予約をすることも出来ますが、2泊以上の連泊の場合は、洋食和食が交互になるように配慮の上、食材や席数などにより当方で決めさせていただいております。

洋食メニュー

洋食フルコース 洋食A

山小屋風のレストランでゆっくりと頂くフルコース。
かしこまってのディナーではないのでナイフフォークのほかにカジュアルにお箸もご用意しております。
一皿目のオードブルは“ちょっと一口”と題して和の小鉢をお出しするので少しびっくり。
次のオードブルは信州野菜を使った一皿。日替わりスープ。
米どころ信州ですのでライスを付けて、メインは本日のお肉料理です。
デザートは、甘いものと果物と冷たいものの3種盛りを。

コースメニューの一例

  • メインの肉料理
  • 日替わりオードブル
  • 温かいスープ
  • 本日のデザート
  • ライス

IMG_3773-6_1200

DSC_7491_1200

品数控えめ洋定食 洋食B

大きめの楕円のお皿プラターに、お肉とお野菜のお料理を盛り付けて一皿でご提供いたします。スープとご飯がついて品数は少ないけどおなかいっぱい。

IMG_8066-20_1200

和食メニュー

本日の鍋と取り回し鉢 和食A

お鍋はたくさんのレパートリーの中から『本日の鍋』としてご用意しております。
しゃぶしゃぶ、すき焼き、石狩鍋、水炊き、寄せ鍋、ちゃんこ鍋、蒸し鍋などなど。その日その日の日替わりです。
一押しは『はくばの豚しゃぶ』。
「はくばの豚」は、育て方からこだわった安心のSPF豚で、特有の病原が不在なので臭みが少なく、 成長がとても早いため肉質が大変柔らかく、繊維には肉汁をたっぷり含んでおり、大変美味しい豚肉です。
是非召し上がっていただきたいので、1泊だけのお客様にはまずはこちらをご用意しております。

そして、取り廻し鉢とは、北信濃の冠婚葬祭に振る舞われる昔ながらの郷土料理。いわゆるお惣菜です。
集まった“村の衆”でお料理を“取りまわす“ことからこの名が付きました。
田舎料理ということもあって普段のおかずに近いシンプルなお料理ですが、地元の旬の素材で作る煮物、和え物、炒め物など、どこか懐かしく心なごむ豊かな味わいです。

  • 本日の鍋
  • 取り廻し鉢

DSC01323-76_1200

DSC_7527_1200

品数控えめ鍋定食 和食B

エコノミーな定食はお鍋と数皿の小鉢のセット。お鍋は『本日の鍋』。しゃぶしゃぶ、すき焼き、石狩鍋、水炊き、寄せ鍋、ちゃんこ鍋、蒸し鍋などなどのたくさんのレパートリーの中から毎日違うものをご用意しております。

DSC_7510_1200

ご朝食

メルヘンハウスの朝食

1日の始まりの朝食はもっとも重要で元気のみなもとです。当館では五大栄養素をもれなく取り入れたバランスのよいメニューをご用意しております。
基本はパンやコーヒーのほか、卵料理・肉料理・サラダ・フルーツ・乳製品などなどのブレックファースト洋朝食となります。

ほのかな甘みのリンゴジャムは素材のりんごそのものから自家製で無添加。このジャムをつけてパンを食べれば、よりいっそうパンがおいしく感じられます。普段は朝食を食べない方でも食べ過ぎてしまうほど。食べすぎにはくれぐれもご注意ください。

新鮮野菜のサラダや朝のフルーツは体にはとってもいいし、お腹いっぱい食べても太りません。
卵の調理法を聞かれたときには目玉焼き、スクランブルエッグ、プレーンオムレツからお選びいただけます。一番人気はオムレツ。ふんわりトロ~ンの絶品です。
年始明けの1月上旬から3月下旬のスキーシーズン中は長期滞在者が多くなります。
そのため火曜日と金曜日は和朝食を、日曜日は和洋折衷バイキングとなります。

 

DSC_7588_1200